ガジェット

UHDBDと悪戦苦闘する話(1.ただ見るだけの回)

URL(Where)

なんの話(Introduction)

うっかりUHDBDなるものを入手してしまった場合に、どう処理するのが良いかを考える話。

なぜ(Why)

あれは2017年。
気が付いたら、コレが家にあった。何故かは不明ながら、amazonには購入履歴があるので
ポチる必要があったのだと思う。

ちなみに神木隆之介はお気に入りの俳優でもある。
あとは分かるな。

経緯(History)

この「君の名は。コレクターズ・エディション」というのには、

  • 4K Ultra HD Blu-rayディスク 1枚
  • Blu-rayディスク 1枚
  • 特典ディスク 3枚

という、やたらめったら枚数のある構成になっている。
その中の「4K Ultra HD Blu-rayディスク」というのが、いわゆるUHDBDというヤツで、
これを見る手段が、まあ少ない少ない。

  • PCで組むのは超面倒くさい(近く別記事化予定)
  • 最安値のプレーヤーでも2万弱
  • ゲーム機では、PS5、XBOX one x/s以上なら見られる

という、どう考えてもPS5のおまけで見るか、それ用途にXBOX買うかの選択を
迫られることになるという……(まあ、見る手段は人それぞれだが)


おまけに、当然だが4Kのモニタが必要になる。

そんな高い高いハードルのせいで、この2020年まで「あるけどまったく必要ない」
状態であったUHDBDが、このリモートワーク優先の家庭環境向上施策の一環で、
4Kモニタを導入したワケだ。
 ※4Kモニタのドタバタは、それはそれで別記事化する予定。

で、家には、

  • PCで見られる環境
  • XBOX One S

が今鎮座している。2台も要らないのにどうして……どうして……

どうしてそうなった?(Why)

簡単にまとめると、

  • PCでUHDBDをみる環境が上手く構築できなかった
  • 別の環境がとりあえず欲しいので、手っ取り早いものが欲しい
  • 格安環境がXBOX One Sだった

という次第(という次第、ではないのだが)
現時点での結果なんだけど、

  • XBOX One Sならフツーに見られる
  • PCは……繰り返すが別記事でまとめる

どんな感じだった?(What)

うん、フツーにキレイ。良い。
プレーヤー2万ちょっとで手に入るのであれば、良いのではないかと。
あるいは超高い構成狙ってやれば……とも思うけど、8Kがあること考えると、
そこまでの投資はちょっとなあ、と思う次第。

結果どうなった?(Result)

XBOX One Sで必要十分。
なんと、ゲームもできる端末なのだッ(いつか怒られるな)
なお、ヤフオクあたりで狙えば(新機種発売のあおりもあると思うが)
結構安く買えるのではないかと。
私はなんだかんだで1万円程度で仕入れた。

オチ(Punchline)

次回(PC作成したらどうなったか)に続く。
待て次回!

オチ追記(Punchline)

冒頭のamazonリンク見てもらうと分かるけど、結構安くなってる。
厚みもこんな感じ。

これを買うべきかどうかは……やはり待て次回!

-ガジェット
-

© 2020 くつぺ