ゲーム

Windows XPというゲーム機を買ってみた

URL(Where)

Microsoft Windows XP

ここがポイント!最新PCへのWindows XPインストール

いち40男子の徒然 Ivy BridgeにWindowsXPをいれてみた♪

HaswellでXPを

なんの話(Introduction)

おっさんが、SandyBridgeなWindows XPパソコンをゲーム機として買って、
それで遊ぼう、というただそれだけの話。

Windows XPというOSは2001年にリリースされ、下に書いた通り2014年まで
サポートの対象となった、非常に息の長いOS。
その期間の中で取り扱えるソフト、特にある種のゲームについては、
コピー対策と称して、非常に取り扱いの難しいものが存在しており、
かつ、後続のOSでは、それら取り扱いの難しいものを基本的には使えないように
OSが設計されている。
 ※Windows10でも、例えばセキュリティレベルを下げれば使用可能なのは、
  天翔記.jpさんなどが詳しくまとめている。

私もWindows10で色々画策してセキュリティレベルを下げて対応しようかとも
思ったが、何しろ時間はかかる毎回セキュリティ変更が面倒
そんなこんなで「Windows XPマシンを買う」結論に至った。

これより下は、その詳細を記載していく。

警告(Caution)

Windows XPは2014/4/8にサポートが終了している、PCとして考えると、
非常に脆弱なPCに該当する。
LANをつなぐなどもってのほか
USBメモリなどのメディアを使ってのやり取りも最新環境でのチェックを十分に行った上で
ゲーム機として利用すること。
正直、悪いことは言わないのでPCとして使うのであればWin10の安いマシンを買うべき。

なぜ(Why)

太閤立志伝5がやりたかったから、に尽きる。
ええ、PS2版もPSP版もあることは知ってる。というか所有してる
それでもPC版にはそれらにはない魅力があるので、諦めきれないのだ。

他にも(私がやりたいのはほぼ光栄/KOEIゲーですが)セキュリティの関係上、
他OSではできないものが多く存在している。
まあ、三國志ⅡとかはSteamで販売しているのでXPである必要はないのだが、
もってるメディアがあるのに改めて買うのもなんだし……
というのもあってサクッとデスクトップを買った。
ポイントは1点のみ。
HDMI端子がついていること
これだけ。

HDMI端子があるだけで、

  • TVに出力してゲームができる
  • キャプチャデバイスを使って動画を録画できる

という今様なゲーム機のメリットが享受できるのDA!

結果(Result)

えー、前に挙げた三国志エクセレントキットの三國志Ⅱで動画配信をやる(笑)
所謂、ゲーム実況者ってやつ。
 ※太閤立志伝5は?と思われるかもしれないが、実況者多いんで、アレ。

懐ゲー実況者ってニーズはそんなにないだろうけど、ストックはしやすいので、
ワンチャンいけるかもしれない……

詳細(再びWhat)

技術的なことは何も考えなくて良いが、もし同じようなことを考えている人が、
うっかり現れないとも限らないので、色々紹介しておく。
基本的にヤフオクなんかで転がっているXPのPCにHDMI端子付けるか、
そもそも最初からついているものを選んで買うか、だけ。

必須事項

  • HDMI端子

以上。
いや、本当に上以外にこだわる必要がないのだ。
だって、Windows XPですよ?Intelがシングルコアでしかなかった時期から
存在してるOSだし。
スペックに必要なものはほとんど必要ない。
 ※もちろん、XP後期のソフトであればそれなりには欲しいが、Core2Duoでも良いだろ

ただ、古すぎるのもちょっとアレなので、それなりなものを選ぶのが良いと思う。
一番最初のリンクにも貼ったけど、Ivy Bridge(Core i系の3000台)なら、
そこまで労力なくXPを入れられるけど、Haswell(Core i系の4000台)は、
MSからサポート外を食らっているので、使わない方が幸せかな、と思う。

Introductionでも書いたけどSandyBridge(Core i系の2000台)が、
おそらく中古市場でももっともコスパ良いのではないかと思ってる。

推奨条件

  • USB2.0以上
  • DVDドライブ

……書いてて、ホント頭が痛くなるようなことを書いてるな、と。
でも、メディアがあるソフトはやっぱりDVDドライブが必要だし、
LANに繋いではいけない以上、最低限のUSBポートは欲しい。
USBは1.xでも最悪なんとかなりますけど、そこまで古いのもちょっと……だし、
逆に3.xまでは不要。そんな大容量とかのゲームはXPでやらずに、
とっとと新しいPCを用意するべき。

ワンチャン実況者も狙ってみる?

HDMIキャプチャができるデバイスを買えばなんとかなる。
、まちがってもXPなんぞでキャプチャするべきではない。
おとなしく単体でキャプチャできるデバイス(SDカードとかに書くやつ)か、
それ用のPCを用意するのが吉。

ゲームはゲーム、実況システムは実況システム、
混ぜるな危険、なので。

あと、一発どりできると思う超上級者以外は動画編集についても勉強するなり、
お金を使うなりする必要があると思う。
私はYouTuberのさっさんの実況作成動画一本見るだけで十分。
CyberLinkはさっさんに永久サポート権を差し上げるべきと個人的には思う。
私は普通にCyberLinkのソフトを買った。

入力デバイス(キーボード、マウス、マイク等)

ちょっと問題になるのが入力デバイス。
LAN接続できる環境であれば、(Windows同士なら)Microsoft Garage Mouse without Bordersで、
十分なんだけど、繰り返しいうが接続禁止、ダメ、ゼッタイなので、別にキーボードとか
マウスとか用意する必要がある。
プランとしては、

  1. 単体で遊ぶだけなら、通常使っているキーボード/マウスを差し替える
  2. それが面倒ならUSB切替器
  3. 録画、配信を考えているなら別に用意する

という感じ。私は3.を選択して、さらに小型、静音のキーボード/マウスを選択することにした。
この後、ほぼ無修正版の三國志Ⅱ実況動画(第1回)をアップロードするつもりだけど、
ビックリするくらいマウスクリック音がうるさいので(後述するマイクの問題もあり)、
マウスは静音のものを使う(流用)することにした次第。

あと、マイク。
実況用なので、ノリと勢いでコンデンサーマイクっぽいものを買えば良いと思う。
この辺は実況者さんたちの使用品レビューYoutube動画とかを見て、
自分に良さそうなものを 買えばよいと思う。

私は(キャプチャデバイス、コンデンサーマイクを)中華品で揃えた。



YouTuberさん方が紹介している品はこのコロナ禍、テレワーク化の影響で、
えげつない位値段が高騰しているのも事実。
できることから初めて、儲かったらグレードアップで良いんじゃないかな、と
本気で思うし、儲かってもないのにモノを増やすべきじゃない、とも思う。

何が起こったか(さらにWhat)

Twitter/Facebookに以下のように挙げた。

これに、キャプチャデバイスとコンデンサーマイクがメインマシンについていて、
それで実況環境が整ったことになって、今編集中。
 ※ほぼ無修正版と、編集版を作る予定。
  何と言っても三國志Ⅱ、最初は良いものの、途中から明らかに長くなるので。

オチ(punchline)

今更ながら、意味合いの違うSandyBridgeおじさんになったという話(笑)

-ゲーム
-

© 2020 くつぺ